24-26 Oct, 2017 in IKEBUKURO(23-25 Oct, TIMM in SHIBUYA)
TIMM/TIFFCOM/TIAF

ニュースリリース

プレスリリース

プレスリリース Vol.3
「Japan Content Showcase2017」
会場への来場者数、19,549名にて昨年記録を更新!

2017年10月23日(月)から26日(木)まで、池袋サンシャインシティと渋谷エクセルホテル東急の2会場をメイン会場とし、4日間に拡大して開催となりました。今年の商談会来場者は昨年を上回る19,549名(TIMM連携ライブ来場者数は含まず)となり、過去最高の来場者数となりました。
27の国と地域より、371団体が出展、過去最高数を記録。また48の国と地域より1,549名のバイヤーが登録を行い、同じく過去最高を記録。 バイヤー登録に関しては、特に海外の増加が顕著で昨年よりも全体で約10%以上増加、1022名からの登録申請を記録。
アジア6%、北米13%、南米44%、ヨーロッパ49%、中近東100%増加。ロシアからの登録が昨年の5倍以上、フランスは約1.7倍、イタリアは1.6倍、イギリスは1.75倍、ドイツは1.5倍増加しています。

今年の新たな試みとして主催者としてビジネスマッチングを開催、22社のセラーと59社のバイヤーとのマッチング商談会を行い、商談総数は179件となりました。またIP(Intellectual Property)や原作の映像権化を取扱う出展者のブースやマーケットガイドにはそれぞれのマークを掲示、商談機会の実現につなげました。
新設のミニステージには、9社が保有するコンテンツやサービスをPRしました。
渋谷・池袋の両会場で28件のセミナーを開催。IPビジネス、国際共同製作、アニソンや音楽マーケット最新事情、中国マーケット、VR等をテーマにしたセミナーを開催。多くの参加者が熱心に聴講しました。
渋谷会場では3日間、19のショウケースライブを開催。池袋会場では、サンシャイン噴水広場や、TSUTAYA IKEBUKURO AK店のイベントスペースでも関連イベントを開催し盛況となりました。
音楽・映像・アニメーションとジャンルを超えてバラエティに富んだコンテンツが集結し、海外展開する為の情報発信の場として、また業界関係者のネットワーキングを促進する効率的な場としての役割を果たした4日間となりました。

PDF版プレスリリースはこちらから

<Japan Content Showcase 2017>
開催日時: 10月23日(月)~ 26日(木)
開催場所:池袋サンシャインシティ、渋谷エクセルホテル東急 ほか
主催: 経済産業省、一般財団法人音楽産業・文化振興財団(TIMM)、公益財団法人ユニジャパン(TIFFCOM)、一般社団法人日本動画協会(TIAF)
公式サイト:http://www.jcs.tokyo/ja/

<お問い合わせ先>
Japan Content Showcase事務局
【E-mail】inquiry@tiffcom.jp
【TEL】 03-6226-3020
【FAX】 03-6226-3024

 

pagetop